任意整理をするとブラックリストに載るのか?

任意整理をするとブラックリストに載るのか?

多重債務状態になってしまっても任意整理をすることによって貸金業者に返済プランの見直しをしてもらうことが可能になっています。そのため、どうしても返済が厳しいというような場合には法律家に依頼して必要な手続きを行うようにすることが大切です。

 

しかし、任意整理をして借金を減らすことができるのは嬉しいものの、ブラックリストに乗ることになってしまうのではないかと不安になっている方も少なくはありません。ブラックリストに乗ってしまうと一般的にはローンなどを利用できなくなってしまうと考えられているからです。

 

ちなみに、ブラックリストという物があるかどうかについては実際には定かではありませんが、キャッシングなどを利用した人というのは信用情報機関に登録されることになります。そして、任意整理を行った場合にはさらに事故情報として追加同録されてしまうことになっています。

 

一般的にはこの信用情報機関の事故情報のことをブラックリストと呼んでいる方が多く見受けられるようです。そして、信用情報機関の事故情報に登録されてしまうと問題のある債務者と判断されることになり金融機関から融資を受けることは難しくなってしまいます。

 

任意整理をするという場合には確かにこの様なデメリットが発生してしまうことになっています。消費者金融などからお金を借りられなくなってしまうというのは日常生活を送る上で不便な思いをしてしまうことに繋がってしまいますので避けたいと感じてしまうのも当然です。

 

しかし、月々の返済が苦しい状態になっている場合には実際問題として任意整理などの方法をとらなければ生活を立て直すことはできません。金融機関からお金を借りることができなくなるのは不便ですが今の生活が続くことを考えるとメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

 

ちなみに、任意整理を行った経験があるからと言って必ずしも全ての貸金業者から融資を受けられなくなるわけではありません。最近では債務整理をしたことがあっても融資の審査が可能というような正規の業者もありますのであまりにも深刻になる必要はないでしょう。

 

基本的には金融機関からお金を借りることは難しくなってしまいますが任意整理は堅実な生活を取り戻すための大きな転機となってきます。返済がとにかく苦しいという方はまずは弁護士などに相談して自分にとって最適な方法で問題を解決していくようにしてください。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ