任意整理なら特定の債務だけを減額することができる

任意整理なら特定の債務だけを減額することができる

毎月の借金の返済が苦しくなってきているので債務整理をして返済額を減らしたいと考えている方はとても多くなっています。債務整理をすれば多額の借金を抱えていたとしても生活を立て直すことができるようになりますので早めに法律家に相談すると良いでしょう。

 

もっとも、借金を抱えているといってもその内容というのは人によって様々です。中には抱えている借金を全て減額してしまうと逆に不都合が出てしまうという方もいるのではないでしょうか。例えば自動車のローンなどと言うのはその典型ということができるでしょう。

 

複数の会社からお金を借りていてその中にカーローンが含まれている場合、カーローンを減額してしまうと支払いの残っている自動車は引き揚げられてしまうことになります。こうなってしまうと日常の買い物や通勤などに支障が出てしまうことにもなりかねません。

 

多重債務状態ではあるものの特定の借金だけは整理せずにその他の借金を減額することが本人にとってベストな選択となることもあるものです。そのため、こういった場合には債務整理の中でも任意整理という方法によって借金問題に対処していくことが重要になってきます。

 

任意整理というのは裁判所を介すことなく法律家が債務者に代わって債権者と交渉する手続きとなっています。そのため、どの債務に関して減額の交渉をしていくのかというのは債務者の側で決めることができるというとても柔軟なものとなっているのです。

 

つまり、複数の業者からの借金があって「この借金については減額交渉するべきではない」という場合には該当の借金については何もしないということが可能になることになります。このような柔軟な方法をとれば最も良い状態で借金を返済していくことができるようになるわけです。

 

債務整理には他にも個人再生や自己破産といった方法がありますが、これらの方法と言うのは全ての債務を対象とする内容になっています。そのため、債権者との和解によって対処できる段階の債務であれば任意整理による解決を試みるということが大切です。

 

一口に多重債務者と言ってもそれぞれの方が抱える問題というのは十人十色であり、最適な解決方法というのも異なることになります。そのため、全ての債務を対象とすると不都合があるという場合には法律家に相談して任意整理を行うようにしてください。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ