個人再生をすると生命保険を解約することになるのか?

個人再生をすると生命保険を解約することになるのか?

家族の生活のことを考えて生命保険に加入しているという方はとても多いようです。特にお子さんの多いご家庭であれば大黒柱に万が一のことがあると途端に生活が苦しくなってしまうため有事に備えるのは当然だと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

もっとも、生命保険というのは途中で解約すると解約返戻金が発生するという側面も持っています。つまり、個人再生を行う際には生命保険を解約して解約返戻金を発生させ、それを返済に充てなければならないのかが多くの方の気になる所になってくるかと思います。

 

この点について、自己破産をした場合には原則として生命保険を全て途中で解約しなければなりません。生命保険を途中解約したことで発生する解約返戻金は財産と見なされることになりますので財産たる解約返戻金は処分しなければならなくなってしまいます。

 

しかし、個人再生においては原則として財産を処分する必要はありません。そのため、生命保険に加入されている方が個人再生の手続きを行ったとしても基本的には生命保険を解約して解約返戻金を発生させなければならないということにはならないのです。

 

ただし、生命保険を解約することによって発生する解約返戻金の額があまりにも大きい場合には生命保険を解約しなければならなくなることもあったりします。この金額についてはケースごとに異なりますので法律家に相談して自分の場合の額を把握するようにしてください。

 

(個人再生の再生計画に基づいて返済することになる金額というのは破産した場合の債権者への予想配当額上となっています。そのため、この予想配当額が高額な場合には生命保険を解約して解約返戻金を返済に充てなければならなくなってしまうということになってきます。)

 

個人再生を行った場合には返済額が大幅に圧縮されることになりまずが、自己破産とは違って原則として生命保険を解約する必要はありません。そのため、生命保険をそのままにして借金問題に対処したいのであれば個人再生を行うことを考えると良いでしょう。

 

生命保険の解約返戻金は財産とみなされる可能性もゼロではありませんがそういったケースはごくまれなものとなっています。返済が厳しくなってしまい、自分の力だけではどうすることもできないと感じたら必ず債務整理のプロの力を頼るようにしてください。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ