個人再生をすると財産を処分しなければならないのか?

個人再生をすると財産を処分しなければならないのか?

ほとんどの方にとって債務整理を行うとなった場合に気になってくるのが財産に関する事柄なのではないでしょうか。もしも財産を失わなければならないとなってしまうと大なり小なり生活に影響してしまうことになりますので見過ごすことができないという方も多いかと思います。

 

一般的に債務整理を行うということになった際には預金などを全て返済分に充当してから借金を減額するという認識でいる方も多いかもしれません。少しでもお金が残っているのであればそれらを返済に回さなければならないというのはごく自然のことのようにも思えます。

 

しかし、個人再生においては原則として預金などの財産を処分する必要はありません。そのため、自己破産をして財産を処分しなければならなくなってしまうのを避けたいという場合には個人再生を行うことによって返済の負担を軽減することが重要になってきます。

 

ただし、高額な財産があると認められる場合にはその財産を処分して返済分に充当しなければなりません。社会通念に照らして考えてみても返済に大きな余裕があるという場合にはそれをまず充当してから借金を減額してもらうというのがごく当然のことと言えるでしょう。

 

もちろん、生活する上で必要とされる預貯金や一般的な家財に関しては処分する必要はありません。こういった財産というのは今後正常に返済を続けていく上で生活に欠かせない物となっているので処分しなければならないとなると逆に返済を滞らせてしまう原因になってしまいかねません。

 

個人再生というのは再生計画に基づいて借金を分割して返済していくという手続きですのである程度余裕のある経済状態が必要になってきます。そのためには財産を処分せずに済むという内容になっていることが制度として求められることになるのです。

 

これまで借金を減らすことができるのであれば預貯金を全て失わなければならなくなってしまうものととらえていた方も多いかもしれませんがそこまでの必要はありません。原則として個人再生では財産を処分する必要はありませんのでその点について思い悩む必要はないのです。

 

この様に個人再生というのは多重債務者の方が生活を立て直すことのできるようしっかりと配慮された内容になっています。そのため、借金のことでお悩みの方はこれ以上問題を深刻化させてしまわないためにも早めのうちに債務整理業務を行う弁護士や司法書士に相談するようにしてください。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ