個人再生をすると自動車を処分しなければならないのか?

個人再生をすると自動車を処分しなければならないのか?

個人再生というのは借金の返済額を大きく減らすことのできる手続きになっています。そのため、それだけのメリットがあるからにはそれ相応のデメリットを享受することになるのではないかと考えてしまうのが多くの多重債務者の方の心情なのではないでしょうか。

 

やはり、認知度の高い債務整理の方法である自己破産においては手続きを行うと借金を無くすることができる反面、自動車を失ってしまうことになってしまいます。こういったデメリットがあるということから個人再生の場合にも同じようなことになるのではと考えてしまう方が少なくありません。

 

この点に関しては自動車を処分しなければならなくなってしまうケースと自動車を処分する必要のないケースが存在することになります。そのため、まずは自分がどちらのケースに当てはまることになるのかを把握するということが重要になってきます。

 

まず、自動車を処分しなければならなくなってしまうケースですがこれについては自動車のローンが残っている場合がそれに当てはまることになります。ローンが残っている場合というのは自動車の所有権が売主にありますので個人再生をすると自動車は引き揚げられることになってしまいます。

 

次に自動車を処分する必要のないケースについてですがこれについては自動車の代金を支払い終えている場合がそれに当てはまることになります。代金を支払い終えていれば自動車の所有権は自分にあるということになりますので売主に自動車を引き揚げられることはありません。

 

ただし、代金を支払い終えている場合でもその自動車が高額である場合には処分して返済に充てなければならないケースもあるため注意が必要です。この点については債務者の状況によって異なることになりますのでまずは弁護士に相談するようにしてください。

 

(※)再生計画に従って返済していく借金の額というのは破産した場合の債権者への予想配当額上であることが求められることになります。そのため、毎月の収入だけでこの予想配当額以上を返済できない場合には自動車を処分しなければならないことになってきます。

 

もっとも、基本的に自動車のローンが残っていないのであれば多くの場合には個人再生をしても自動車を処分する必要はありません。そのため、自動車を失わずに借金問題を解決したいという場合には個人再生による解決を検討してみると良いでしょう。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ