過払い金返還請求は最終返済日から10年で時効になる

過払い金返還請求は最終返済日から10年で時効になる

今までに時効という言葉を耳にしたことがある人も多いかと思います。例えば日本においては強盗などの犯罪が発生した場合、その日から15年が経過してしまうと時効となってしまうためそれ以降に犯人が見つかったとしてもその犯人は罪に問われなくなることになっています。

 

同じようにこれまでに支払わなくても良かった分の利息を払い続けていたという方であれば10年が経ってしまうと過払い金返還請求を行うことができなくなってしまうことになります。過払い金はいつでも取り戻せると思っている方も多いのですが実際には時効という壁が存在することになります。

 

なお、過払い金返還請求における時効の起算点というのは「最後に返済した日」から数えて10年ということになっています。そのため、基本的には返済が滞ることなく順調に続いているという方であればそれほど時効の心配をする必要というのはないと言えるでしょう。

 

過払い金返還請求の時効を気にしなければならないのは既に借金を完済し終わっている人がメインになってくることになります。そのため、完済して借金生活から完全に解放されたと油断してしまっている方ほど特に注意しなければならない問題になっているのです。

 

しかし、完済後の過払い金返請求に関しては全く考えたことがなかったという人が多く、中には最終返済日から10年近く経過してしまい手続きができなくなる寸前という方も見受けられるようです。そもそも過払い金という言葉自体を知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、知らなかったからといって時効が中断されるということにはなりません。そのため、過払い金返還請求という言葉を知識として持っており、尚且つ完済してから10年が経っていないという状況にある方は必ず弁護士や司法書士に相談するようにしてください。

 

もちろん、現在返済中という方にも過払い金が発生しているというケースは多々ありますので時効とは無関係に早めに手続きを行うことが大切です。手続きを行えば自分が思っていた以上のお金が戻ってくるということもあり、残りの返済額がグッと少なくなることも珍しくありません。

 

借金問題で毎月のように頭を抱えているという多重債務者の方は数多く見られるのですが、実は支払わなくても良かった利息分が重荷になっていたということもあったりします。そのため、現状から抜け出すためにもできるだけ早めの内に法律家に手続きを依頼することを心がけるようにしてください。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ