自己破産をすると借金をゼロにすることができる

自己破産をすると借金をゼロにすることができる

複数の消費者金融やクレジットカードを利用していることによって返済が困難になってしまう方は後を絶ちません。最初は軽い気持ちでキャッシングを利用し始めたとしても気づいた時には膨大な金額にまで借金が膨れ上がっていたというケースはとても多いものです。

 

他にも事業を行うための資金として銀行などから多額の融資を受けているというケースも珍しくありません。こういった場合には業績が悪化してしまうとたちまち返済が滞ってしまうこともありますので気づいた時には返済不能の状態になっていたという方も多いのではないでしょうか。

 

もし、こういった状況に陥ってしまった場合には債務整理を行うことが必要になってくることになります。そして、債務整理の中でも自己破産という手続きは借金の額が大きすぎるという場合に非常に多く用いられる多重債務の解決方法となっています。

 

おそらくこれまでに一度は自己破産という言葉を新聞やテレビのニュースなどで見聞きしたことがあるという方が多いのではないでしょうか。それだけ自己破産というのは一般の方にも広く認知されているポピュラーな債務整理の方法になっているのです。

 

自己破産というのは裁判所に申請をして破産宣告を受け、その後免責の申立てをして無事免責の決定がなされると借金をゼロにすることができるという手続きになっています。そのため、返済が完全に不可能だという場合には自己破産をすることが必要になってくると言えるでしょう。

 

なお、この部分に関して、自己破産によって債務の免責を受けるためにはあくまでも裁判所から返済が不可能だと判断されることが必須条件となってきます。そのため、どんなに借金の額が大きかったとしてもまだ返済が可能と判断されれば免責を受けることはできません。

 

また、借金の返済が不可能な状況と判断されたとしても免責不許可事由に該当する場合には免責を受けることができません。そのため、自己破産の申立てをする際には免責不許可事由に該当するような不正な借金がないということも求められることになってきます。

 

自己破産をして借金をゼロにするためには複数の条件をクリアすることが必要ですが、きちんと免責を受けて人生をやり直すことができた人はとても多くなっています。ですので、もしも今返済しきれないような負債を抱えてしまっているという方はぜひ一度自己破産を検討してみると良いでしょう。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ