保証人になったことでできた借金

保証人になったことでできた借金

高額な債務を抱え込んでしまうことになる理由の一つとして保証人になってしまったということが挙げられます。本来であれば保証人になろうとは思わないものの、仲の良い友人や親戚などに頼まれてしまい渋々承諾してしまったという方も多いのではないでしょうか。

 

契約する際には絶対に迷惑をかけないからといわれて判を押すということも多いのですが実際には保証人に支払請求が来ることになるケースも珍しくありません。騙されたと感じてしまうかもしれませんが、この様な場合には保証人としての義務が課せられてしまうことになってしまいます。

 

保証人が必要になる契約と言うのは100万円を超える内容になっているケースが多く、本来は最悪の場合を想定して了承しなければならないものです。しかし、人間関係という要素が入ると途端に契約しなければならないという雰囲気になってしまいがちなのは誰しも同じなのではないでしょうか。

 

ですが、保証人になってしまったからには本来の契約者の代わりに返済を行わなければなりません。基本的には月々の給料や預貯金などを使って返済していくことになってきますが、それでも足りないという場合には債務整理を行うことも必要になってくるでしょう。

 

債務整理を行う際には任意整理や個人再生といった方法が用いられることも多いのですが、保証人になったことでできた借金と言うのは非常に高額になることが珍しくありません。そのため、どうしても返済ができない様であれば自己破産が必要になることもあるでしょう。

 

自己破産の申立てをして無事免責が許可されれば例え自分の収入では返済不可能な借金があったとしてもその支払いを免除してもらうことができるようになっています。そのため、多額の借金があっても解決することは可能ですのであまりにも心配しすぎる必要はありません。

 

ただし、借金が帳消しになるからにはそれ相応のデメリットを享受することになることも忘れてはいけません。基本的には財産を全て失ってしまうことになりますので自宅を持っている方であればそれを処分してしまわなければならないということも理解しておくことが大切です。

 

保証人契約において絶対に迷惑をかけないからといった類のことを言われて判を押したとしてもそれは個人間の問題であり契約自体は無効になりません。保証人になるということは非常に大きなリスクを含みますので今後は特によく考えてから判断することを心がけるようにしてください。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ