債務整理にかかる期間というのはどれくらいですか?

債務整理にかかる期間というのはどれくらいですか?

このまま毎月の返済を続けていくのは厳しいと感じたら任意整理や個人再生、自己破産などの手続きを行うことが重要になってきます。これらのような債務整理の方法を用いれば多額の借金があったとしても返済の負担を減らしたり、残りの借金を完全になくすということが可能です。

 

もっとも、債務整理を行うとなった場合には手続きにどれくらいの期間が必要になるのか気になるという方も多いのではないでしょうか。やはり、生活に余裕がないという方であれば返済もギリギリでしょうから早く解決したいと感じてしまうのも無理はないと言えるでしょう。

 

ただし、一口に債務整理といっても任意整理や個人再生、自己破産の手続きにかかる期間と言うのはそれぞれ異なることになってきます。そのため、まずは自分の検討している方法ではどれくらいの時間が掛かるのかということを理解することから始めていきましょう。

 

まず、任意整理にかかる期間についてですが、この場合には約3ヶ月程度が必要になってくることになります。任意整理というのは金融業者との和解交渉によって借金を減らす方法になっているため、取引先の数によってはこの期間が多少変わってくることになってきます。

 

それから、個人再生にかかる期間についてですが、この場合には3ヶ月から半年程度が必要になってくることになります。ちなみに、個人再生というのは依頼する事務所によって期間に幅が出てくることになりますので不安な方は相談して確認してみると良いでしょう。

 

それから、自己破産にかかる期間についてですが、この場合には半年から一年程度が必要になってくることになってきます。自己破産を行う場合には財産を処分することになりますが、処分する財産が全くない債務者の方であれば手続きにかかる時間も短縮されることになってきます。

 

なお、法律家が債務整理の依頼を受任した後というのは金融業者からの取り立てをストップさせることができるようになっています。そのため、債務整理が完了するまでの間、支払ができそうにもないので心配だと感じている方は安心するようにしてください。

 

債務整理にはいずれの方法を選んだとしてもある程度の時間が掛かってしまうことになりますが、その間は返済の必要はないことになってきます。そのため、返済が苦しいという方はまず法律家に相談して催促を止めてもらうということから始めていくことが大切です。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ