どれくらい借金があれば債務整理をするべきですか?

どれくらい借金があれば債務整理をするべきですか?

借金問題に悩まされている場合には債務整理をすることによって返済の負担額を減らし、生活を立て直すということが必要になってきます。借金問題を抱えている方はとても多く、債務整理を行ったことによって平穏な生活を取り戻すことができたという方も非常に多いものです。

 

もっとも、債務整理を検討する場合に気になってくるのが「どれくらいの額の借金があると手続きを行うべきなのか?」ということになってくるでしょう。債務者によっては生活がギリギリでも返済が完全に不可能でなければ手続きを行えないのではと思っている方が少なくありません。

 

しかし、基本的に債務整理を行うべきタイミングというのは借金の絶対額ではなくそれぞれの債務者の収入との兼ね合いによって決まってくることになります。そのため、収入が少ない方であれば収入の多い方に比べて借金の額が小さくても手続きを行うことが必要になってくるわけです。

 

例えば、消費者金融から合計で400万円の借金をしていたとしても年収が1000万円以上あるという方であれば債務整理をする必要はないでしょう。月々の返済額は大きくてもそれを十分に賄える収入があるのであればこれまで通りの暮らしをしていても何の問題もありません。

 

しかし、年収が300万円という方が消費者金融から300万円の借入を行っている場合には返済が苦しくなってくることになってしまいます。この様な場合には法律家に相談して債務整理の手続きを行い、生活を立て直すということが必要になってくることになるわけです。

 

なお、多くのケースでは100万円以上の借金があって返済が苦しいという場合に債務整理を行うということになってきます。そのため、それぞれの方の収入の額にもよりますが目安としてはこのラインを超えている場合には債務整理を考えるようにすると良いでしょう。

 

やはり、債務整理を法律家に依頼するにはそれなりの費用が掛かることになりますのでその費用の額が債務の減額幅を上回っては全く意味がありません。そういったことを踏まえればやはり借金の額が100万円以上あるというのが手続きを行うための最低基準となってくることになるでしょう。

 

基本的に多重債務者になってしまうと月々の返済のためだけの人生になってしまい、将来のための貯金も全くできなくなってしまいがちです。ゆえに、借金が100万円以上あり、尚且つ返済が苦しいと感じた場合にはまず法律家に相談して最適な方法で解決するということを考えるようにしていきましょう。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ