債務整理のデメリットにはどんなものがありますか?

債務整理のデメリットにはどんなものがありますか?

多重債務の状態にあるという方は債務整理をすることによって返済額を減らすことができるようになっています。返済額が減れば生活にゆとりが出てくることになりますので、これまでのように月々の返済のことでストレスを抱える必要もなくなってくることになってきます。

 

もっとも、債務整理には借金が減るというメリットだけでなくいくつかのデメリットも存在することになっています。そのため、手続きを行う場合には事前にそれらのデメリットについて理解をし、きちんと納得したうえで法律家に依頼するということがとても重要になってきます。

 

まず、債務整理をすることによるデメリットとして挙げられるものの一つが「信用情報機関に事故情報として登録される」ということです。この事故情報というのは一般的にブラックリストと呼ばれることも多く、これまでに一度は耳にしたことがあるという方も多いでしょう。

 

この信用情報機関に事故情報として登録されると基本的には金融業者からお金を借りるということが難しくなってしまうことになってしまいます。どこからも融資が受けられなくなるというわけではありませんが、これまでに比べると一定期間は審査が通りにくくなることは避けられません。

 

次に、債務整理のデメリットとして挙げられるのが「官報に掲載される」ということになってきます。官報に債務整理に関する情報が掲載されればその事実が一般に公表されてしまうことになりますので可能性としてはとても低くはありますが知人や会社に知られるということも出てくるでしょう。

 

なお、一口に債務整理といってもその手法は複数に分かれており、全ての手続きで官報に掲載されることになるわけではありません。具体的には自己破産や個人再生を行う場合には官報に載ることになりますが、任意整理をする場合には官報には載らないことになっています。

 

それから、債務整理の中でも自己破産を行う場合には「財産を処分しなければならなくなる」というのもデメリットとして挙げられることになってきます。具体的には現在住んでいる持ち家があればそれを失ってしまうことになるため生活環境が大きく変わってしまうことになってしまいます。

 

他にも自己破産をするとクレジットカードを作ることが難しくなってしまったり、弁護士などの職業に就くことが制限されることになってしまいます。この様に債務整理には複数のデメリットがありますのでこれらについて十分に納得してから手続きを始めることが重要になってきます。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ