債務整理後の借入は難しくなってしまいますか?

債務整理後の借入は難しくなってしまいますか?

毎月の返済日のためにやり繰りするのが辛いという時には債務整理をして借金を減らすもしくは免責してもらうことが重要になってきます。債務整理をすればこれまでのように返済のために頭を悩ませる必要がなくなりますので精神面でも非常に楽になってくることになります。

 

もっとも、金融業者に対して本来返済しなければならない金額を支払わないことになるわけですから今後新たに融資を受けるのは難しくなってしまうのではと不安になる方も少なくはありません。これまで日常的に融資を受けてきた方であれば気になってしまうのも当然と言えるでしょう。

 

この点については確かに新規の借入を行うことは難しくなってしまうことになってきます。基本的に債務整理をした場合には信用情報機関に事故情報として登録されてしまうことになりますので借金を減らしてもらった後にすぐに融資を受けるということはかなり難しいと言えるでしょう。

 

もっとも、債務整理をしたとしても今後永久に信用情報機関に登録され続けるというわけでもありません。どのくらいの期間記録が残るのかというのは各信用情報機関によって異なりますがいずれにしても一定期間が経過すれば再び融資を受けることは可能になってくることになってきます。

 

例えば、任意整理なら5年間、個人再生及び自己破産の場合については5~10年間は信用情報機関に登録されることになってきます。ですが、それ以降は記録が抹消されることになりますので再び新たな借り入れを行うということができるようになってくるわけです。

 

ただし、債務整理を行った際に融資を受けていた業者からはお金を借りるのは厳しくなってくるでしょう。やはり、契約通りの返済ができなかったということで信用が下がってしまうことになりますので新規の借入は別の会社からというケースが多くなってくることになってきます。

 

なお、最近では貸金業者間の生存競争も激しくなってきている傾向にあるため、債務整理経験者でも融資審査可と言う業者は少なくはありません。一定の収入があれば債務整理をしたからと言ってどこからも借りられなくなるというわけではありませんのであまりにも心配しすぎる必要はないのです。

 

もっとも、借金問題を解決することができた後というのは再び同じ過ちを繰り返してしまわないように努めることがとても重要になってきます。新たに融資を受けてはならないというわけではありませんが、多重債務者に戻らないためにも今後は堅実な生活を心がけていくようにしてください。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ