債務整理をする際に車を残すことは可能ですか?

債務整理をする際に車を残すことは可能ですか?

借金問題を抱えている方の中には返済が苦しくて困っているけれど車を処分するのは厳しいという方も多いようです。車というのは日常生活において必要不可欠だという方が殆どになっていますのでできる限り処分せずに残したいと思うのも当然と言えるでしょう。

 

となるとポイントになるのは車を残したまま債務整理をすることができるのかということになってくるかと思います。債務整理をする際に車を残すことができれば現在の生活を大きく変える必要もありませんから可能な限り現状を維持したまま生活を立て直すことが可能になってくることになります。

 

結論から言うと債務整理をする際に車を残すということは可能です。債務整理の中でも個人再生と呼ばれる手続きを取ればある程度の財産を残したまま借金を減らすことができるので車を処分することなく借金問題を解決することができるようになっています。

 

借金の返済が困難になっている場合には自己破産をしなければどうすることもできないのではないかと思っている方もいるかもしれませんが実際にはそうでない場合も多く存在します。債務の額が一定の範囲内であれば個人再生で解決できることも多々あるのです。

 

基本的に自己破産をした場合には原則として20万円以上の財産は全て処分することになってしまうのですが、個人再生では全ての財産を処分する必要はありません。そのため、車などの財産を処分すると仕事や日常生活に支障が出てしまうという場合には個人再生で対処することが大切です。

 

債務整理には他にも任意整理という方法があるのですが借金の額が非常に大きい場合には任意整理で借金を減らしたとしても月々の返済が苦しいということがあったりします。そのため、任意整理と自己破産の中間のやり方で解決する必要がある際には個人再生をすることが重要になるわけです。

 

ただし、一つだけ注意しなければならないのは「車のローンが残っている場合にはその車を残すことはできない」ということです。車のローンが残っている間というのは車の所有権は自分にはありませんからそういった場合には車を手放すことになってしまいます。

 

そのため、個人再生を行う際に車を残したいという場合にはその車がローンを支払い終えていることが必要だということになります。この条件が整っているようであれば個人再生をして借金問題を解決することを検討してみると良いでしょう。

 

また、もしも借金の額が任意整理で対応できるというような場合であれば個人再生ではなく任意整理で借金を減額して車を残すということも可能です。任意整理であれば裁判所を通す必要もありませんのでまずは任意整理で対処するということから始めてみるのも良いでしょう。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ