債務整理をする際に家を残すことは可能ですか?

債務整理をする際に家を残すことは可能ですか?

月々の返済が厳しいので弁護士に借金問題を解決してもらおうと思っているのだけれど、その際には家を絶対に残したいという方も多いようです。やはり、家というのは生活にとって非常に重要な基盤となりますからほとんどの方が失いたくないと思うのはごく当然のことと言えるでしょう。

 

特に住宅ローンを組んで家を新築してからそれほど年月が経っていないという方であればなおさら頑張って手に入れた我が家を手放したくないと思うのは当然です。社会全体的に見てもせっかく立てた家を処分するということに対して前向きに捉えられるという人の方が少数派と言えるでしょう。

 

債務整理をする際に家を残すことができるかどうかについてはケースバイケースになるのですがポイントとしては債務を減額することで生活を立て直せるかどうかという点カギになってくることになります。債務を減額してなんとかやっていけるようであれば大切な家を処分する必要は全くありません。

 

例えば、任意整理と呼ばれる方法で弁護士が業者と交渉し、返済額を大きく減らしてもらうことができた場合には家を残したまま借金問題を解決することが可能になっています。そのため、まずは任意整理で返済額を減らすことができないかということを第一に考えることになってくるでしょう。

 

ただし、任意整理では解決できないという状況も存在するため必ず全てのケースで任意整理が行えるわけではありません。そのため、任意整理で解決できないようであれば個人再生という方法をとることによって借金問題を解決していくことになります。

 

個人再生というのは裁判所に申請することで借金を大幅に減額してもらう債務整理の手続きの一つで家を残したまま借金を解決したいという事例で多く用いられる方法になます。よって、もしもある程度債務の額が大きく任意整理ができないという状況にあるのであればこの方法で解決することが必要になってくるでしょう。

 

個人再生を行った場合には任意整理を行った場合よりも債務の減額幅が大きくなることが多くなりますからより生活を立て直しやすくなってきます。ただし、個人再生を行ってもそれだけで借金をゼロにすることはできないという点だけは認識しておくようにしてください。

 

借金をゼロにしたいという場合には自己破産をする必要がありますが、自己破産をしてしまうと家を処分しなければならなくなってしまいます。そのため、債務整理を行う際に家を残すことが絶対条件だという場合には任意整理もしくは個人再生で解決することが重要になってくることになります。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ