借入先(債権者数)が1件でも債務整理できますか?

借入先(債権者数)が1件でも債務整理できますか?

カードローンなどを利用していて数百万円の借金を作ってしまっているという方は少なくありません。借りたお金の使い道は様々ですが、生活費のためにしろ嗜好品の購入のためにしろ多額の借金を背負ってしまうと精神的に苦しくなってしまうものです。

 

こういった状態になるとギリギリの借金返済の日々から早く抜け出すために債務整理を考えるようになる方も多くなってきます。債務整理をすれば月々の返済の負担を減らすことができますので生活が苦しい方は早めに手続きを法律家に依頼すると良いでしょう。

 

もっとも、借入先(債権者数)が1件ということで多重債務問題の解決を掲げている事務所に債務整理を依頼できるのか?と疑問に思っている方もいるかもしれません。多重債務というのは複数の貸金業者から借入をして返済に困っている状態だからです。

 

そのため、基本的には複数の借入先がある場合にしか対応していないという事務所もあるということを念頭に考えておくことが大切です。債務整理を扱う事務所の中には借入先が2件未満の場合には対応できないという所もありますので相談前には確認しておくべきでしょう。

 

ちなみに、借入先が1件でも対応可能な相談先としてはアヴァンス法務事務所がありますので借入先が2件未満の方はアヴァンス法務事務所を利用されると良いでしょう。アヴァンスには女性のための相談窓口もありますので女性の方でも安心して相談することが可能です。

 

また、アヴァンスはヤミ金被害にも対応しているため、法定利率をはるかに超える利息の支払いに悩まされている方も問題を解決することが可能になっています。ヤミ金問題は時間が経てば経つほど状況が悪化していきますのでお困りの方は早期の対応を心がけるようにしてください。

 

なお、借入先が1件の場合でも借入額が大きく取引期間も長い場合には相当な過払い金が発生している可能性も存在します。こういった場合には過払い金を取り戻すことで借金が完済されることもありますのでまずは法律家に相談するようにしてください。

 

例え1社からしかお金を借りていない場合でも債務整理をすることによって返済の負担を減らすことは可能です。また、最適な解決方法もそれぞれの方によって異なることになりますので返済が厳しくなってしまった方は早めの内に法律家を頼るようにしてください。

 

 

債務整理の相談先をお探しの方へ